未就園児クラス案内

1.5歳~幼稚園入園までのお子様を対象としたクラス

未就園児クラスが大切にしていること

1.子どもたちにとって安心できる場所であるということ

教室と言う「環境」には、先生やお友達という「人」がいて、課題やランチタイムや遊びといった「出来事」があります。その全てに対し、子どもたちがいつも安心できることを常に意識しています。
安心というのは、物理的に安全であることはもちろんのこと、お家やお母さんと離れた子どもたちが、時間をかけて「ここは安全な自分の場所だ」と感じられるようになることです。
そしてなにより、子どもたちがそのままの自分でいられることを大切にしています。
心の安定を土台にし、その上に育んだ知能や技能は、子どもたちを真に豊かにするための力となります。

2.知ること、自分でできるようになることの喜びを体験すること

ここで大切なのは、やらされるのではなく、自分でやってみるということです。
一人でスモックが着られた!トイレに行けた!ご飯を全部食べられた!お片づけができた!
作品を作ること・歌うこと・体を動かすことを通し、「できることは楽しい!」と、子ども自らが感じることを大切にしています。そこに、他の子との比較や競争はありません。
できること・知ることの喜びを知った子どもは、自分が心から夢中になれるものを見つけて、集中し、ぐんぐん育っていきます。集中こそが全ての学びのカギなのです。

3.人とのいろいろな関係を経験すること

先生、お友達、お友達のお母さん、など、教室の中にはいろいろな「私と誰か」の関係があります。
泣いたり笑ったりと忙しい、成長の真っただ中にいる子どもたちは、人とのかかわりの中で起こるさまざまな出来事から、「楽しいのはどんなときか」、「悲しいのは…」、「悔しいのは…」、「安心できるのは…」と原因や行動に対する結果を学んでいきます。
人と関わる生活の中では、ルールを守ることや相手のことを考えることはとても大切です。これは一歩先を想像出来る力です。日々、安定した環境の下で行われる、人との関わりの積み重ねは、子どもたちに、「考えて行動する力」を与えていきます。


課題について

クラスでは、月毎の課題として、歌、体操、制作を行っています。

 

<歌と制作>
歌は季節や行事に合わせたものを2~3曲選びます。制作は造形教室の講師監修の作品を2つ作りますが、その一つは、毎月の歌をテーマにした制作を行います。 例えば「おいもほり」の歌を覚えた月は、本物のさつまいもを見て、自分で色を作って絵の具で描いてみよう!…といった感じです。
これは、意味はよく分からないまま、耳とリズムで覚え口ずさむ歌の歌詞を、子どもたちが視覚を使ってより理解することができるとても楽しい取り組みです。
制作は、描く、貼る、切るといった手先をつかったものが中心となります。
絵の具、クレヨン、のり、画用紙、折り紙、はさみといった道具を組み合わせ、感じたままに表現できることを大事にしています。

 

<体 操>
未就園児の子どもたちにとっては、体のバランスが取れること、体力をつけることで、より安全に活発に活動ができるようになります。トリニティーでは、1年を通して、マット、とび箱、鉄棒、フープ、平均台といった運動遊具を使い、楽しみながら毎月のテーマに取り組んでいます。
体操の目的は、体力と健康ですが、それ以外に多くを学べる時間です。
その一つはチェレンジを楽しむ体験。出来なかったことが出来るようになること、怖かったけどやってみたらできたこと、そして、できなくても大丈夫ということも経験します。
もう一つは、順番を待つ、お友達を応援する、といったがまんや自分以外のものとの関わりを覚えていきます。
※毎月発行するお手紙「クラスだより」にて、今月の課題やクラスの目標をお知らせしています。
※HP「教室だより」にも掲載しています。


保育目標

◇基本的生活習慣を身に付け、できることは自分で行い、集団生活の中で必要なルールを学びます。 小さくとも一人の個として尊重し、生きていくための力を育くんでいく基礎をつくります。

 

◇今月の課題(歌、体操、制作)を楽しみながら、子ども自身が持つ能力を引き出し、「楽しい=好き」と感じられることを子ども自身が発見していきます。

 

◇「できる!」という喜びを体験するとともに、「できないこと」も怖がらなくていいことを伝えていきます。「そのままの自分」に自信をつけていくことで、新しいことにチャレンジしていく心の強さを育んでいきます。

 

◇自分の気持ちや考えを分かってもらえるという体験を通し、潜在的な安心感(心の安定)を育て、体や言葉を使って自分の思いを伝えられる子どもを目指します。


一日の過ごし方

10:00 入室:朝の準備(くつ、上着、荷物の整頓)、自由あそび
11:00 朝の会:あいさつ、今月の歌
11:15 今月の課題 体操と制作 
※体操の後に、水分補給とトイレタイム(おむつがえ)
12:00 手洗い、ランチタイム
13:00 「あそび」の時間 ―子どもの発想を活かして、先生・子ども同士でじっくり「あそぶ」
13:30 トイレタイム
13:40 帰りの会: 絵本読み語り、さようならの歌
14:00 半日クラス 帰りの準備 →おむかえ
14:15 お昼寝
15:45 おやつ
16:00 全日クラス 帰りの準備 →おむかえ
17:00 延長保育

クラス案内

クラスは、月・水・木・金より選べます。
半日(10:00~14:00)か、全日(10:00~16:00)のいずれかを選べます。
延長は半日クラスも全日クラスも17:00まで可能です。

■月謝

週1回 半日 19,200円

週2回 半日 34,700円

週3回 半日 48,100円

 

 

週1回 全日 24,800円

週2回 全日 45,900円

週3回 全日 64,900円

 

 

※週4回はご相談ください。

※金額はすべて税抜きです。

 

■入会金 23,000円

 

■年会費

週1回 12,000円

週2回 15,000円

週3回 18,000円

週4回 20,000円

※内容は、光熱費・教材費・設備維持費の負担分です。

 

■ランチ・教材費

1クラスごとに2,100円

※クラスが増えるごとに+2,100円
※ランチは、幼稚園向けの給食センターのものをご用意しております。

 

■延長保育

1時間あたり 1,100円
(おやつ代含む)

 

■オプション参加

1回 6,800円(ランチ代含む)

※オプション参加とは、申込みクラス以外の曜日のクラスへ参加することをいいます。

※未就園児クラス 見学会・説明会のお知らせ


スタッフ紹介

保育関係の有資格者であるとともに、スタッフは定期的に研修を行い、特にカウンセリング及び心理学をベースにした学びを深めています。
子どもたちを真に受容するためには、知識だけではなく、先ずはスタッフ自身が自らを知り日々の意識の向上と実践が必要です。
子どもたちへの深い愛情と保育への熱いこだわりを持つスタッフたちにより毎週行われるミーティングは、子どもたち一人ひとりの状況を全スタッフが把握し、常に課題と向き合う非常に重要な時間です。スタッフ自身の力を付け、より良い保育(子どもとの関わり)を行うための積み重ねの毎日です。

 

井関 悦子 トリニティーこども教室代表(保育士資格保有)
野上 麻衣 未就園児クラス主任(保育士資格保有
大津 純子 未就園児クラス担任(児童指導員任用資格保有)
小幡 幸子 未就園児クラススタッフ(幼稚園教諭資格保有)
三上沙希子 未就園児クラススタッフ(保育士資格保有)


↑ ページTOP

HOMEトリニティーこども教室とはお知らせ未就園児クラス | 園児・小学生クラスシーズンスクール
お母さんのクラス教室だより資料請求アクセスプライバシーポリシー